Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

6年の月日が過ぎて

お陰様で昨日を持ちまして

 

上大類に移転後

 

丸6年の営業を無事に終える事が出来ました。

 

 

この場を借りて

 

メンバー、家族、友人、メーカーさん

 

そしてご来店頂いておりますお客様

 

心より感謝申し上げます。

 

 

そして、7年目の星の王子さま

 

様々な面で変化があります。

 

改めまして、この場からご報告させて頂きたいと思います。

 

 

 

僕史上、最長年数を過ごす場所

 

ご来店頂いている方には近況をご報告させて頂いておりますが

 

我が星の王子さまは2度目の移転を計画しております。

 

 

現星の王子さまを第2章と銘打った6年前のスタート

 

元々の計画通り

 

最終章が幕をあげる事になります。

 

 

思うように進まず

 

今日付けでハッキリとした期日を

 

お伝えさせて頂くまでには至らなかったのですが

 

ブログを読んでくれている方達だけに

 

フライングではありますがお伝えしておきたいと思いました。

 

 

2018年末で

 

一つの区切りを設ける大きな事柄がございます

 

それは、時が来たらここでも書きますが

 

徐々にご来店頂いた方から

 

直接お伝えさせて頂きたいと思います。

 

 

その日の前に

 

星の王子さまの事

 

僕個人的な事

 

いつものように伝えさせて頂ければ幸いです。

 

 

6年という月日の中で

 

メンバーが増え、減り

 

お客様が来ては去り

 

嬉しい事も、そうでない事も

 

様々な感情と出会いました。

 

 

その中には

 

もう2度と会えない別れもあった。

 

 

その経験が今

 

見た事のない世界をイメージさせる強い力に変わっています

 

その始まりがブライダルです。

 

 

単なる欲求という理由だけでは責任が取れなそうな大きい世界の中で

 

夢とか青春みたいな素敵な言葉に身を任せて必死に声を枯らしております。

 

 

子供の頃から感じていた違和感

 

僕が美しいと思う世界が

 

僕以外の人たちにはそう感じないという事が多かった。

 

 

それを「いや、こっちの方が絶対だ!」

 

そう言えるほどの勇気はなく

 

どこにでもあるヒエラルキーの中で

 

一人ぼっちにならないように生きていた

 

今思えば、結局は孤独を感じていましたが。

 

 

どこに、僕が必要とされる場所があるのだろう?

 

どこに、僕が僕であり続けられる場所があるのだろう?

 

思い続けた結果

 

そんなものはどこにもないのだと知った

 

いや、それすら他力本願でズルい精神なのだと思い知らされた。

 

 

美容師になってからも変わらず

 

そういった思いを抱き続けてきた。

 

 

相変わらず小心者の僕は

 

飛び出したい欲求を抑える為に

 

お客様に〜家族に〜

 

みたいな都合の良い言い訳で理想から逃げ続けた。

 

 

そんな日々を徐々に変えてくれたのが

 

後にメンバーとなる一人の男との出会いだった。

 

 

常々、思う事がある

 

僕は誰かに褒めてもらえないと頑張れない

 

誰かのためにでないと走る事も

 

歩を進める事すら困難ならしい

 

小心者らしい回答ですよね(笑)

 

 

だけど

 

「見せ続けたい姿」

 

という方向転換で

 

先ほど否定した誰かの為という醜い言い訳が

 

自分を肯定してくれた。

 

 

いい気になって語っていた夢物語に

 

憧れとか尊敬とか

 

本気かどうかは分からないけれど

 

一人の人間の言葉として宙を舞った瞬間

 

集合体の中にいるちっぽけで大嫌いな自分に

 

初めて喧嘩を売った

 

絶対に勝ちたいと思ったんだ。

 

 

そして

 

ただただ、カッコいい僕で在りたいと強く望んだ。

 

 

そこから始まったカッコつけの人生

 

表現として用いておりますが

 

個人的な解釈として

 

素敵だと思ったものをストレートに伝えるという事です。

 

 

時代のせいにするのもそろそろ止めにしたいのですが

 

「あなたが好き」

 

そう伝えた言葉の裏?を読んで

 

「いやいや嘘でしょ」という返答に変わる

 

 

いい加減、飽き飽きしております。

 

自分を守る為の回答は止めにしませんか?

 

 

せめて

 

群馬県では。

 

高崎市では。

 

星の王子さまでは。

 

 

嘘は100%見抜けます。

 

その嘘を読み取る力も100%あります。

 

でも、嘘で塗り固められてしまい

 

何が自分の答えなのかわからないという人までは救いません。

 

 

もっともっと裸にさせたい。

 

それが最終章での最大のテーマです。

 

 

その為にまず僕がするべきこと

 

それは、その場にいるあなたより自由に飛び回ること。

 

 

ある一定の枠組みから外れて生きてきた

 

星の王子さまという舞台で

 

自由に踊ることが窮屈に感じてしまう前に

 

全ての囲いをぶっ壊しに行きます。

 

 

美容室らしさ、営業方針、ローカルイズム

 

などなど

 

何度も何度も言いますが

 

そちら側に合わせません。

 

 

それはそれは戸惑うでしょう。

 

僕と共に生きていかなければならない妻も

 

とっても戸惑っているようです(笑)

 

 

でも2018年7月31日現在

 

僕が一番かっこいいと思う歩き方で進んでいきたい。

 

 

もう少し歳を重ねて

 

カッコつけるってこういう事なんだ

 

という決まりなんてないんだ!

 

 

そう思える日まで等身大の

 

有りのままの僕の想いで

 

一人一人、丁寧に愛したいと思います。

 

 

その為に、星の王子さまという場所が

 

多くの人に入店して頂ける環境ではなくなるでしょう。

 

 

今より多くの人を求めるより

 

今より深い愛を求めたい。

 

 

リスクは承知の上

 

その一点突破で、既成概念をぶっ壊しに行きます!

 

 

 

入店の際には全員ハグルール(成人女性のみw)(←なぜ?w)

 

 

セット面にお通しの際は携帯電話の持ち込み禁止ルール

 

 

オーナーとか店長とか肩書きはもちろんのこと

(そもそもないです。皆と同様、いちプレイヤーです)

 

苗字ではなく下の名前で呼びあうルール

 

 

カットの際もカラーの際も雑誌はお渡ししません

 

僕もその場から極力離れません

 

すっと後ろにいます

 

僕だけを見ていてください!

 

(笑)

 

極端に言っておりますが

 

きっとこういう感じのものになると思います。

 

 

そこに居る僕は、あなたからしたら美容師としての僕なのかもしれない

 

だけど、僕から見た僕はあなたをただ愛するだけの一人の人間です。

 

 

大袈裟だと受け取りますか?

 

星の王子さまの

 

星野を6年

 

長い人で11年見てきた顧客さまはきっと解ることでしょう?

 

「てつさん、本気だ。。」

 

と(笑)

 

 

時にはハサミも置きます

 

ゆっくりとお茶でもしませんか?

 

 

時にはハケを置きます

 

酔わない程度にお酒でも飲みませんか?

 

(↑違法か?調べておきます(笑))

 

 

時には鏡を外します

 

目と目を合わせて、同じ時を過ごしませんか?

 

 

そういうことです。

 

 

最初に言っておきますが

 

僕は人気者です。

 

 

ただでさえ時間に制限があるのに

 

更に上乗せで

 

なんなら倍プッシュで

 

一緒にいようよ

 

という大胆な事を発しております。

 

 

勘のいい方、お解りでしょうか?

 

美容室貯金を始めておいてくださいね♪

 

 

僕の良いところは

 

これらの発言が明日にはまったく違う姿をしているかもしれない

 

という所です(笑)

 

これからもいっぱいいーっぱい考えます!

 

 

でもね、美容師を始めた時にイメージした僕のお店は

 

こういうものだったんだ

 

そのイメージだけは18年経った今も変わっていない。

 

 

第2章で頂けている貴重な時間の中に

 

更に先の世界をイメージしています

 

毎日のように。

 

 

次のステージに立つ前に

 

7年目の8月1日から少しづつ変化していくと思います。

 

 

徐々にでいいので

 

少しずつでいいので

 

僕の想いに寄り添って頂けないでしょうか?

 

 

 

最後の最後で青臭い事を言いますが

 

 

星の王子さまとしての旅を始める前

 

美容師になると決めた日よりずっと前

 

学生の頃に思っている事を口にできなかった日々よりずっとずっと前から

 

僕という名の物語はスタートしていた。

 

 

人生において幾つの物語を作れるか?

 

 

どの物語にも

 

愛と勇気と希望

 

挫折に苦悩に涙

 

山ほどあったけど

 

 

父と母の限りない愛の中から生まれた

 

僕としての物語だけは絶対に妥協したくない。

 

 

その為の歩み

 

ぬかるみだろうと崖っぷちだろうと

 

靴底に神経を集中させて

 

口笛でも吹きながら

 

進んでいきたい。

 

 

僕が進んできた道なき道の力強い足跡は

 

誰かが歩こうと思える希望になる

 

そう信じて。

 

 

とことん

 

星野哲也オリジナルで生きていきます。

 

 

7年目からの星の王子さま

 

様々な角度から、見てやってください!

 

 

何卒、宜しくお願い致します⭐︎

 

 

 

 

 

  • 2018.07.31 Tuesday
  • 11:17

-

crank in

夏休みも始まり、お母さん世代の多い星の王子さまでも

 

夏休みの話題が増えてきました。

 

ただただ懐かしむ日々に想いを馳せる

 

そんな想いはみじんもなく

 

その日、僕たちの夏の冒険の幕があがった。

 

 

2018年7月15日という日

 

僕らの夏の日をきっと忘れないであろう。

 

 

星の王子さまも参加しているプロジェクト

 

「wedding base」

 

の初陣。

 

 

改めまして

 

wedding baseの概要について

 

一言で言うと

 

結婚式をプロデュースするクリエイト集団です。

 

箱を持たず、武器を持たず

 

その人たちに合わせたイメージの元

 

協力者を募りオリジナルで作り上げる結婚式。

 

 

あなたにとって、あなた達にとって特別な人

 

その人の、その人達の一番の笑顔が見れる瞬間

 

それを結婚式という舞台を使って引き出す。

 

 

それが建前というか

 

baseの理念として一番最初に来るテーマでもあり

 

一番後手に回したいテーマなのかもしれない。

 

 

根本にある「本当にやりたい事」はそのうち。。

 

 

発起人でありチームのリーダーである僕が

 

このプロジェクトを始めるにあたり

 

まず最初に思った事は

 

クライアントの為

 

ではなく僕自身の為でした。

 

 

ここまではっきりと自分の為と書いたのには

 

きちんとした理由があります。

 

 

星の王子さまでも同様

 

仕事という概念に身を投じると

 

どうしても

 

お客様に合わせた提案、歩幅になってしまう

 

それは間違いではないのかもしれない

 

だけど、僕はお客様を神様だとは思っておりません

 

『家族』です。

 

 

思った事を素直に言いあえる

 

その先に衝突が生まれる時もある

 

けれど

 

その場を上手にやり過ごす事より

 

その先も一緒に居れる関係を築く事の方がずっと大切だし

 

そもそも一瞬一瞬が勝負だと思っている。

 

 

爪痕を残す。

 

とか奇をてらった角度からの発言ではありません

 

戦う相手は自分自身です。

 

 

理想って

 

僕自身が身を投じた事のある世界を指している訳ではない。

 

 

自分が行ってみたい世界を構築し作り上げるものだと思う

 

所詮はイメージの世界、虚像でありファンタジーなんです。

 

 

映画や小説や漫画にアニメ

 

そう言ったフィクションの世界に心が躍った事は一度もありません

 

その物語の中で伝えたかったであろう表現にしか興味がありません。

 

 

皆さんもきっと思った事があるでしょう。

 

「つまらなかった」

 

起承転結、全てをひっくるめて素晴らしいものって

 

特定の人(携わった関係者など)にしか与えられない感情だと思う

 

その世界のこの部分に心が惹かれた、新たな発見があった

 

作品というのは、そういうものだと思うのです。

 

 

その要素一つ一つがその後の自分の世界を構築させる。

 

だれかが作り上げた世界の中にいる事が

 

どれだけ恵まれていて、どれだけ楽をできているのか

 

それを理解している人たちと肩を並べて

 

0からの世界を作りたかった。

 

 

だから、自分の為なんです

 

だからこそ、本気になれる。

 

 

本気で向き合うからこそ誰かの心に届く

 

それがその人の心を救う事もできるかもしれない。

 

 

そういった信念のもと

 

wedding baseというチームを率いています。

 

 

メンバーは星の王子さま同様

 

僕の足で一人一人集めた人たちです。

 

 

僕が知る美容室は2種類

 

星の王子さまとそれ以外。

 

 

そういう唯一無二な世界観を

 

それぞれの職種で表現していると思えた人たちと組んだチーム。

 

 

恥ずかしげもなく言葉にしております

 

選ばれた人たちです!

 

 

力及ばず

 

全てのポジションを僕の知る人だけで集められた訳ではありません。

 

 

急遽

という人も居ました。

 

 

僕は過去に同じようにメンバーに託した人選で

 

僕自身が未熟だったせいもあるけれど

 

失敗だったと思った事が一度だけある。

 

 

その時の恐怖が頭をよぎったけれど

 

仕事という枠組みの外での話。

 

 

守る事をしなくていいんだよ!

 

ぶっ壊しに行くんだろ!?

 

 

そういった開き直りのもとメンバー内での招集で集まってくれた人

 

それはそれは素晴らしく

 

知り合ったタイミンングが後だっただけで

 

それ以前に知り合っていたならば

 

他のメンバー同様、お声をかけさせて頂いたであろう人たちでした。

 

 

思った通り

 

それぞれがそれぞれの持ち場で自身を表現していた。

 

プロフェッショナルの集合体というのは

 

こんなにも凄いのか。

 

ただただ圧倒された。

 

 

そして

 

理想が現実になった瞬間

 

涙が溢れてきた。

 

 

僕が恋い焦がれ、憧れた世界がそこにあった。

 

 

僕の隣には

 

この先の道を共に歩くであろう人たちに囲まれていて

 

不安の隙間がないくらい

 

希望の光が差していた。

 

 

 

僕は人生は映画みたいなものだと思っています。

 

短い人生の中で何本の作品を作る事ができるのか?

 

そういった解釈で生きている気がする。

 

 

いつが?どれが?

 

明確にできない作品は一つもありません。

 

 

いつか、365日全ての日が何かの作品として

 

僕の人生を通して送り出せるようになりたい。

 

 

まだまだ始まってもいない旅の途中で

 

まだまだ、まだまだ知らない感動が待っている。

 

 

 

次の扉のドアノブはすぐ目の前。

 

握らないなんてつまらないでしょう?

 

 

今回の作品は幕を閉じました。

 

それと同時に次の幕が上がる。

 

 

人生において

 

クランクアップなんて言葉は必要無い。

 

 

これまでの世界も

 

これからの世界も

 

全てがクランクインの瞬間

 

始まりだけを求めて生きていこう⭐︎

 

 

最後はエンドロール風に♪

 

『wedding base』

 

Takayoshi Ebara (peacetree)

 

Shigeki suzuki (cafe&dinning gurumi)

 

Akio Shimizu (高崎市議会議員)

 

Takashi Moriya (bar centipede)

 

Tsuneo Takebuchi (Retro Box)

 

Tomomi (zing zing)

 

Takumi Niwa (photographer)

 

Sakimi (DORAMA)

 

Sayoko Sakakibara (A piece  Of cake)(HAIR MAKE FACTORY 星の王子さま)

          

 

 

「Thanks」

 

Keiji Himi  

 

Takeo Nakajima   

 

Hironori Ueno

 

 

peacetree crew

 

Atsushi Kawada

 

Akihiro kobayashi

 

 

gurumi crew

 

Tomoshi

 

Futaba

 

 

DORAMA friend

 

 

Karasugawa cafe staff

 

 

星の王子さま crew

  

Yousuke Irisawa

 

 

「Special thanks」

 

Tomomi Ishiyama

 

 

Director

 

Tetsuya Hoshino

 

 

きゃ〜♡それっぽくないですか?(笑)

 

 

名前の英語表記は

 

世界に向けて発信していきたいからです!!(笑)

 

 

あ〜良かった♪

 

やりたい事を全部やれました⭐︎

 

 

誰かが言った

 

「一発の打ち上げ花火にするのはもったいない」

 

もちろん、そのつもり!

 

 

 

次はどんな物語を描こう。

 

とりあえず

 

ラストシーンだけは決まってる!

 

 

一生に一度きりの

 

とびっきりの笑顔です⭐︎

 

 

  • 2018.07.29 Sunday
  • 18:36

-

8月のお休み表になります

おっす!オラ王子!!

 

ごめんなさい。

 

こういう開き直り方をさせて頂かないと

 

普通に書き進める事が出来ません(笑)

 

 

お久しぶりになってしまい、申し訳ございません!

 

星の王子さまです⭐︎

 

 

いやぁ〜7月は忙しかった!!

 

言い訳からでごめんなさい(汗)

 

今後のブログにて詳細が明らかになります。(ふふ。)

 

 

 

8月のお休み表からきちんと書いて

 

現場の状況をしっかりとご報告させて頂きます!

 

 

これからの星の王子さまは色々ありますからね。。。。(ふふ。)

 

 

毎日暑い!

 

ビール!ハイボール!レモンサワー!

 

もいいけれど

 

星の王子さまで飲むカルピスも美味しいですよ♪

 

すこーしだけアルコールが入っているので(嘘)

 

でも愛だけは丁寧に注いでおります。

 

 

カルピス(←と打とうとしたら「軽いお椅子」ってなってた事に一人で爆笑しました)

 

以外にもキンッキンに冷えてやがる(←カイジ風w)

 

お飲物を用意してお待ちしておりますね⭐︎

 

 

それではご確認ください

 

 

入澤

 

1、7、14、15、21、24、28

 

榊原

 

7、8、14、21、22、28

 

星野

 

6、7、14、21、21、28

 

 

となっております。

 

 

8月はお子様の夏休み!

 

という事で子供を奥様と共に育てる入澤は夏休みを頂いております。

 

 

家族との予定の折り合いもあって

 

もしかしたら予定が変更になるかもしれません

 

ご迷惑をお掛けいたしますが

 

お電話にてお問い合わせください⭐︎

 

 

それでは、暑いのは当たり前!

 

どう楽しむか夏!

 

お身体にだけは気をつけて楽しい日々をお過ごしください⭐︎

 

  • 2018.07.29 Sunday
  • 15:39

-

6月のお休み表になります

皆様お久しぶりでございます!

 

 

忙しい日々が続くようになってまいりました♩

 

毎日のようにくせ毛を伸ばしています

 

もはやストレート屋さんです。

 

 

毎度思うのですが

 

「このやろう!意地悪しやがって!伸びろ!!」

 

みたいな心境です(笑)

 

 

うっとしい時期になってまりましたね

 

でも、そんな時こそ僕たちの出番が増えるわけで

 

全ての事に感謝して毎日を丁寧に生きていければいいな〜と思う日々です。

 

 

そんな中

 

夏休み、法事のための公休変更など

 

今までとは違うお休みが多くなります

 

ご迷惑をお掛けする事になるかもしれませんが

 

何卒、ご理解頂きますよう願います。

 

それでは

 

入澤

 

3、5、12、18、19、26

 

榊原

 

5、12、13、19、20、21、22、26

 

星野

 

4、5、12、19、20、21、22、26

 

 

となっております。

 

ご確認の上、お早めのご連絡お待ちしております⭐︎

 

 

  • 2018.05.31 Thursday
  • 10:19

-

11年

月日が経つのは本当に早くて

 

一週間

 

一ヶ月

 

一年

 

気がついたらもうそんなに!?

 

みたいに思うことが多くなってきました。

 

けれど

 

その一年の中の一ヶ月の間の一週間の内の一日を

 

一生忘れぬ日として生きてきました。

 

 

それはこれからも変わらないし

 

守り続けたい。

 

 

ブログもお久しぶりになってしまいましたね

 

ファンの皆さん、申し訳ありませんでした。

 

 

実はというと

 

今年に入ってから

 

完全なる休日という日がありません。

 

 

それを理由に怠けていると思われたらそれまでですが

 

文字を書くよりも人と会う時間を

 

画面越しに語るよりも面と向かって伝える方を

 

より選んだということです。

 

 

2018年今日まで

 

きっと皆さん

 

ビックリするであろう怒涛の展開がてんこ盛りです!

 

そちらは時がきたら少しづつ。

 

 

今回はタイトルでピンと来た方もいるかもしれません

 

星の王子さまが高崎で産まれて11年が経った記録です。

 

 

毎年この日だけは

 

パソコンに想いを打ち込む姿勢もピンとなります

 

 

調子に乗ってないかい?

 

正直に生きているかい?

 

自分を好きで居続けられてるかい?

 

そんなことを過去の僕が語りかけてくるようで。

 

 

でもね、11年前の僕にも

 

それから、10、9、8、7、6、5、4、3、2、1年前の僕にも

 

余裕で勝ってます(かっこよさ♩)

 

勝ったぜー!どうだこのやろうー!

 

みたいな高揚感ではなく

 

ふう。

 

のような心持ち

 

圧倒的って事です(笑)

 

 

「今日の僕が、昨日までの僕に負けているわけがない」

 

僕のトリセツの第一項目に書いてある内容です(笑)

 

 

それでもね

 

明日がオープンという日を過ごした11年前の今日

 

4月30日は記憶が蘇って

 

毎年、一日中そわそわしてしまう

 

だからこそ、今の等身大の胸の内を丁寧に綴りたい。

 

 

11年の月日の中で

 

美容師として向き合ってきた時間

 

どれもが楽しくて、その反面痛くて

 

その繰り返しの中で変わらぬ日々に想いを馳せてきた。

 

 

でも、変わらぬ日々が訪れた瞬間

 

欲していない日々だと知った。

 

 

僕の世界の中にないものを理想として求めていた日々は

 

新たな僕を誕生させたけど

 

それを喜びに変えることはできなかった

 

どこまで行けば、僕はこれでいいと思えるのか?

 

 

そんな事を漠然と考えた時

 

「これで」じゃなくて「これが」だろうが!

 

僕のトリセツ第二項目を思い出した。

 

 

昨日良かった事が今日はそうでなくなる

 

今日と昨日

 

一日で気持ちが変わるほど大した想いではないのか?

 

そう考えた時、心の中で首を大きく何度も横に振る僕がいたんだ。

 

 

24時間って長くないのかもしれないけれど

 

24時間中、その想いに向きあってみると

 

次から次へと出てくるものなのです。

 

 

これがいい!って堂々と言えるまで

 

妥協したくない。

 

 

こんな事ばっかり言ってきたから

 

こんな事ばっかり言ってる美容師がいるぜ〜

 

と気にかけてくれる人がいて

 

触れてくれる人がいて

 

有り難い事に共感してくれる人が出てきて

 

僕のこれまでとこれからを取材したいという

 

神様みたいな人が現れました。

 

 

「理屈ではなく、ただ惹かれた」

 

 

嘘偽りのないシンプルな答えに

 

「こういう答え方がいいんだろ?」

 

 

そう言われているようで

 

思わず「うん」て答えている僕がいた。

 

 

取材を通して伝えたい事は何ですか?

 

直球の問いに、変化球で返すことしかできない僕がいた

 

そのことに驚いて、ちょっぴり喜んだことも事実。

 

 

「一定の枠組みに囚われない表現方法」

 

 

それは美容師としてだけではなく

 

一人の人間として。

 

 

あの時、僕は本当はこう思ってた

 

あの時、僕は本当はこう伝えたかった

 

あの時、僕は本当はこう答えてほしかった

 

 

そういった過去の弱い僕を

 

これから見せられる強い僕が肯定してくれる

 

結局のところ自分を変えられるのはこれからの自分だけ

 

自分を客観視なんてできない、僕の目はここについてるから。

 

 

 

「僕みたいな人間がいることで誰かが救われるかもしれない」

 

おいおい、かっこつけんなよ。

 

「いや〜、違う!ちょっと待ってください」

 

そうそう。出せ!

 

「あなたが居る事で救われている僕が居る、その感謝を込めて」

 

そうじゃねーだろ!

 

「いや、カッコつけました。カッコ悪い方の」

 

よーし勝負だ!

 

「僕は僕以上にこれからを見ていきたいと思う人を知りません。

 そういう風に言える僕が僕は好きで、それを好きだという人に

 僕が目指す凄え世界を見せてあげたいです。」

 

 

どうでしょう?(笑)

 

振り切ったと思いますか?

 

僕の中では普通です。

 

 

いや、本当のところ

 

皆さんの中にもあるのではないでしょうか?

 

僕の方がこうだ!

 

私の方がそうだ!

 

という想いが。

 

 

出させてくれる場所がないからこそ

 

苦しみ、悲しみ、自分を表現できないのでは?

 

 

「そういう世界をこれからぶっ壊しに行くんです!」

 

 

とある居酒屋で話した事です

 

お酒が背中を押してくれたところもあるかもしれません

 

けれど、その瞬間の僕の受け答えが決定打となり

 

外部からこれからを彩ってくれる世界が広がっていきます。

 

そちらもお楽しみに⭐︎

 

 

長くなりました

 

最後に

 

メンバー。家族。友人。業者さん。そしてお客様。

 

ありがとうを超える言葉を探していました

 

24時間ずっーと!!

 

たどり着いた今の等身大の言葉です

 

これから先もずっとあなたを見ています。

 

怖いか?(笑)

 

しっくりこないので毎度のお言葉で

 

『愛しています』

 

2018年 36歳 星野哲也

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2018.04.30 Monday
  • 19:07

-

3月のお休み表になります

いや〜早い。

 

あっという間に春が来ます!

 

むずむずしている方も増えてきたのではないでしょうか?

 

 

 

様々な行事も増えてきて、美容室も賑やかになる月

 

楽しませて頂きたいと思います♪

 

メンバーのお休みになります

 

ご確認の上、ご連絡お待ち申しております⭐︎

 

 

星野

 

6、12、13、20、27、29、30

 

入澤

 

6、7、13、20、21、27

 

榊原

 

6、13、14、20、27、29、30

 

今月はメンバー内に冬休みが入っております。

 

ご迷惑をお掛けいたしますが

 

何卒、よろしくお願い致します。

 

 

 

  • 2018.03.01 Thursday
  • 10:13

-

2月のお休み表

お正月気分が抜けて

 

真冬の寒さに耐え忍ぶ日々ですね。

 

そんな中でも足をお運びいただき

 

皆様の笑顔に心が温かくなります。

 

 

徐々にではありますが

 

星の王子さまも新しい道へ向けて

 

足を進めております。

 

 

変わらぬサロンワークに

 

変わり始めるプライベートタイム

 

心穏やかに一秒先を含めた未来の道を見据えた行動

 

メンバーと共に

 

仲間と共に

 

お客様と共に

 

僕たちが生きるこの街で

 

楽しい日々を送る今日現在

 

紛れもなく幸せです♡

 

 

更なる幸せを楽しみにしておりますね♪

 

では、2月のメンバーお休み表になります

 

ご確認の上ご連絡お待ち申しております!

 

榊原

 

6、13、14、20、27、28

 

入澤

 

6、7、13、20、21、27

 

星野

 

5、6、13、19、20、27

 

となっております。

 

 

体調管理バッチリ元気にお待ちしてります⭐︎

  • 2018.01.29 Monday
  • 10:00

-

共存

本日より

 

2018年度

 

星の王子さまの営業をスタートさせて頂きました⭐︎

 

 

4日ぶりのサロンは

 

すでに懐かしく

 

早く仕事がしたい!

 

そんな想いを色濃くしていて

 

昨日、観た映画のせいか

 

単純に歳のせいか(笑)

 

なんだかグッと来てしまいました。

 

 

昨年末にスタートを切った新事業に伴い

 

やらなくてはいけない事と

 

考えなくてはいけない事と

 

幾つにも積み重なる苦悩がたくさん浮いて出てくるような日々です。

 

 

すでに始めなければ良かったとさえ思う始末(笑)

 

でも、今日フロアに立ってみて思い出した

 

何にもなかったこの空間に

 

沢山の宝物を詰め込んだ時の事を。

 

 

なんでもそうだけど

 

1から始めたという事では経験できないであろう想い

 

0から考えたという圧倒的イメージ

 

この差は経験した事のある人にしかわからないであろう。

 

 

その差の経験こそが僕のプライド

 

改めて大切にしたいと思います。

 

 

さて

 

毎年恒例

 

今年のテーマの発表となりました!!

 

『共存』

 

です。

 

色々な言葉を頭で考えて

 

様々な想いに耳を傾けて

 

一度は決まりかけた

 

『速攻』という言葉がありました。

 

 

でも

 

これって一方通行でしかないな

 

と考え方を改めました。

 

 

何かを得るために僕がする事

 

そのすべき事に向かう際に

 

一番大事だと思っている事

 

それはとにかくまず行動するということ。

 

 

頭で考えるのではなく

 

目で見て判断するのではなく

 

心が躍ったイメージのまま

 

行動に移してみるという事です。

 

 

その次が「速攻」です。

 

自分が経験してみてから

 

人に話すようにしたいという答えが大事だと思う。

 

 

心がけているが故に感じてしまう

 

他との温度差に思考の差

 

僕との歩幅が合わなくなることも事実。

 

 

以前にも書きましたが

 

目的地に早く辿り着くことがゴールではない。

 

 

そのことは頭では分かっているけれど

 

じっとしている時間がもどかしくて

 

どうしても前のめりになってしまう。

 

 

その行動が頭でっかちになっていることを自覚して

 

少し、自分自身と向き合う時間を

 

今年の根本的なスタンスに身を置き

 

『共存』

 

をテーマに一年を過ごしていければと思います⭐︎

 

 

ブログだったりSNSだったり

 

当然、星の王子さまでの舞台だったり

 

自分を表現するすべての場所で

 

先行しがちな精神論。

 

 

共存をテーマとして定めたことで

 

皆さんの中にも産まれてしまうであろう

 

想いも共存するという表現。

 

 

これに関してはまったく別物です!

 

僕にとっての共存は

 

あくまで「生身」です。

 

 

言葉を交わす方法はいくらでもあって

 

時代の変化に感謝することも多いですが

 

 

僕は

 

目と目を合わせて伝える

 

ということ以上に素晴らしい表現はないと思っています。

 

 

だからこそ皆さんとお会いした時に伝えていきたい

 

同じ時代に同じ場所で共に存在するために。

 

 

これまで

 

この王子さま日記での発表を持って伝えてきた

 

多くの決断

 

これからはなるべくお会いした時にお話しさせてください。

 

 

最後になりますが

 

今年はテーマに沿って生きて行くということで

 

沢山の方たちを多くの時間を過ごしたいと思います。

 

 

サロンではもちろんプライベートでも

 

より多くの方たちとお会いして

 

セッションしていきたいと思っております♪

 

 

心の準備と共に体調にはお気をつけてくださいね!

 

本年も何卒よろしくお願い致します⭐︎

  • 2018.01.04 Thursday
  • 11:35

-

2017年最後に

本日をもちまして

 

HAIR MAKE FACTORY 星の王子さま

 

2017年度の営業を終えさせていただく事ができました!

 

 

意外と初かもしれないスリーショット(笑)

 

 

皆様の笑顔に心から救われた想いでおります。

 

星の王子さまを代表して

 

今年一年

 

誠にありがとうございました⭐︎

 

 

 

ここからは個人的な想いと共に

 

今日までを振り返り

 

僕らしくお話できたらと思います

 

よろしければお付き合いください。

 

 

今年のテーマ

 

『圧倒』

 

思うように行かない日々に

 

心の中で己に中指を立てて

 

人前では親指を立て続けてきた。

 

 

後半にかけての畳み掛けるような展開に

 

思う事はただ一つ

 

ゴールが決まっている事の有り難さ。

 

 

僕だけではなく皆さんも気づいているはず

 

「いつか」だけで行動に移せるほど

 

楽な日常を過ごせないという事を。

 

 

ただ生きるだけ

 

それでさえ

 

とても大変な事ですもんね。

 

 

それを理解していても

 

僕が歩みの速度を保ち続けるには

 

きちんとした理由があります。

 

 

僕の人生において

 

一番の模範となる象徴

 

両親の存在です

 

残念な事に母は64歳という若さで他界しました。

 

 

しかしながら

 

その短い人生がどうであったかは

 

本人次第。

 

 

尋ねる事は出来なかったけど

 

きっと楽しめたと思う。

 

 

最後のお見送りに集まってくれた方達の

 

想いが目で見えるようだったから

 

悲しいし、寂しいけれど

 

それを凌駕するほど

 

僕がこれからの人生を

 

楽しく、想いのままに生きていく事

 

それを望んでいる事だけは解る。

 

 

母が僕にこれからの道を

 

考え直させようとした時があった

 

基本的にはすべてにおいて肯定派であったのに。

 

 

良くも悪くも

 

僕の人生という旅が

 

僕も周りにいる人逹にも影響を与えているのだと気付いた。

 

 

その時がなければ

 

僕は目的を持たずの旅を永遠と続けていたであろう。

 

 

『何も考えず』

 

言葉にすると自由な気がして

 

僕自身も素敵な表現として受け入れがちではあるが

 

そこにきちんとした責任が

 

あるのかどうかが大事な気がする。

 

 

大人になるから

 

家族がいるから

 

というのは違います。

 

 

どんな答えを見つけたとしても

 

それまでを

 

そしてこれからを

 

肯定できる責任があるかどうかです。

 

 

僕がこの道を選んだ事

 

海外修行

 

都内進出

 

独立

 

移転

 

別事業の立ち上げ

 

進むにつれて

 

沢山の人の想いが加わる

 

だからこそ気づいた事がある。

 

「やろうと思ってた」

 

「やって来た」

 

は無意味。

 

 

現在進行形でなければ

 

その想いに人の心は動かない。

 

 

「頑張って」

 

「応援してる」

 

有難いお言葉だけれど

 

最終的には他人事になってしまう。

 

 

それを受け入れながら生きて行く覚悟が

 

今の僕にあるのかどうか?

 

 

実は、何かを始めるという行動は

 

今の自分の本当の想いを知る

 

という事がメインであります。

 

 

僕自身

 

本当は何がやりたいか

 

解っているわけではないのです

 

ただ、漠然と

 

なのです。

 

 

でもね

 

やっぱり必要なものってそんなに多くないと思う。

 

 

闇に支配されてしまう夜もある

 

日の光が眩しすぎる朝もある

 

雨の午後が心地よい日もある

 

 

そんな時に誰かを思い出すのではなく

 

そんな時にこそ自分に語りかける。

 

 

64歳で亡くなった母の道標

 

そこから設定した僕の人生終了期

 

その年齢になった時

 

それ以後も息をし続けて居られるのならば

 

儲けもの。

 

 

残りあと28年。

 

一年があっという間

 

と言えるのも28回。

 

 

やばい!

 

あっという間だ(笑)

 

 

64歳を超えた時

 

今より素敵な世界に身を置くため

 

やっぱり僕は

 

今をがむしゃらに生きていこうと思う。

 

 

そしてそれを超えた時

 

それからが

 

いつの時代よりも

 

幸せです

 

と言えるような僕でありたい。

 

 

今の僕と同じように

 

沢山の目標を描き

 

精一杯生きようとする

 

これからの世代に教えてあげたい

 

歳をとってからの方が楽しいよ♪って

 

 

そう考えると

 

しつこいぐらい言葉にしてきた

 

『まだ始まってもいねえ』

 

というせリフがとても美しく聞こえる。

 

大事に大事に言い続けていこう。

 

 

 

もうすぐ2018年が始まる。

 

一年の区切りなんて

 

大した事ないなどと思わず

 

過去を振り返る今日の日を

 

愛おしく思えるよう

 

やっぱりがむしゃらに生きたい。

 

 

僕が生きて行くこの世界で

 

同じように生きて行く皆さんへ

 

そして

 

この場を借りて

 

星の王子さまへ足を運んでくれる愛しい人へ

 

心より愛しております。

 

 

その想いさえあって

 

その世界にいる人達がただただ笑っている

 

それだけで十分。

 

 

できる限りを精一杯に

 

進んでいこうと思います♪

 

 

来年からもまた一緒に笑いあいましょう⭐︎

 

 

良いお年を〜

 

HAIR MAKE FACTRY 星の王子さま  星野哲也

 

 

 

 

 

  • 2017.12.30 Saturday
  • 17:37

-

wedding base

当店に足を運んでくれている方には

 

徐々に伝えていた事ではありますが

 

 

2017年12月12日に

 

ウェディングプロデュース事業を立ち上げさせて頂きました。

 

スタートするのは来年からとなりますが

 

いくつかの案件と共に

 

パンフレットやホームページ制作等

 

のびのびと進めさせて頂けたらと思います。

 

 

美容師を続けてきて

 

モットーとしている事

 

それは

 

その方のライフスタイルに寄り添うという事。

 

 

毎日毎日

 

誰かと会う訳ではないし

 

外に出る訳ではない。

 

 

けれど

 

もし何か起こった時

 

急遽、人に会わなければいけない時

 

 

そのもしもの為にしておくべき事

 

その一歩目の提案が僕たちの役目だと思う。

 

 

その提案を続けていく中で

 

一発で僕の理想を塗り替えてしまう1日がありました

 

それが結婚式。

 

 

結婚式は一生に一度

 

髪型も一生に一度するかしないかのセット

 

確かに大事です。

 

重々承知しております。

 

 

でも!

 

それを扱うのも僕たちの役目でしょ!

 

 

これはブライダルに関わる仕事を

 

お持ちではない同業者の方には

 

とてつもない理解を示して頂けると思います。

 

 

持ち込みでいいと言われても

 

星の王子さまでは基本的に断らせて頂いております。

 

 

そこにはもちろん

 

当店のポリシーとしている

 

「ライフスタイルに寄り添う」

 

 

「サロンでの仕事を最も大事にしている」

 

という位置付けがありました。

 

 

が、しかし

 

 

 

 

僕が実際に自身の結婚式を終えた日の感想

 

 

最高!

 

超最高!!

 

人生で最高の1日!

 

絶対に忘れないであろう幸せな時間!!

 

 

という事(笑)

 

それはそれ!なんですね。

 

 

でも

 

これは担当してくれる方も

 

同じように思ってくれる人が大前提。

 

 

最高!と思えた所以は

 

ヘアメイクさんに向けて発しているものではなく

 

支配人の方のお人柄と

 

プランナーさんの本気さによるものです。

 

 

正直、ヘアメイクに関しては

 

僕たちの方が圧倒的な本気度で携われると思った。

 

 

それもそのはず

 

リハーサルと当日の二日しかお会いしておりませんので

 

思い入れも何もないと思う。

 

 

これが

 

僕が美容師として長年担当させて頂いている方だったら。

 

 

そう考えた時

 

「やりたい事」

 

と言うより

 

「やらなければいけない事」

 

だと思った。

 

 

企業参入して儲けたい

 

隙間を狙って副収入を得たい

 

とか無粋な想いは毛頭ございません。

 

 

ただ、僕たちがこういった展開をする事で

 

喜ぶ人が増えるという自信だけはある。

 

 

その先で

 

生業として生きている方達に

 

ナメるなよ素人が!

 

と思われても仕方ないですが

 

もう誰も僕たちを止める事はできない。。

 

 

 

始動いたします!!

 

その名も

 

《Wedding Base》

 

 

僕が発起人となって始めたものですが

 

ここに来るまでに

 

沢山の方のイイねの声と

 

一緒にやりたいの声が

 

あったからこそのもの。

 

 

僕が考える

 

結婚式に置いて一番大事なことは

 

「まずは結婚式を挙げる」

 

と決断することです。

 

 

僕は自身の経験をもって

 

結婚式は挙げなくてはいけないものだと思いました。

 

 

特に男性の方

 

男は最初から男であるものではなくて

 

いくつもの経験を積み重ねて男になるものだと思います。

 

 

本当の意味での第一歩が結婚だと思う。

 

その日を

 

逃げ道のない

 

結婚式という舞台で表現しなければ

 

本当に大事なものは目に見えるものでしかない

 

という錯覚に陥ってしまう気がする。

 

 

そこからの流れで2番目に大事にしている事

 

これが大事です!

 

そう。

 

『金額』です。

 

 

そうなんです。

 

高いですよね(汗)

 

例に漏れず僕も高いと思ったし正直キツかったです(笑)

 

 

今だから言えるし

 

こういった展開をするにあたり言わなければとも思います。

 

 

自己負担金額が150万を超えるとなると

 

それはそれは…。

 

 

これをなんとか

 

苦しくない範囲内で賄えないかと。

 

 

当然の事ながら

 

ご祝儀というものがあるので

 

上手くいけば(上手くいけば?w)

 

プラスになるかもしれないけれど

 

絶対という事ではない。

 

 

だからこそ、最初から挙げない

 

という方も多いのだと思う。

 

 

ところが

 

ご本人の希望次第ですが

 

自己資金がそんなに無くても出来ちゃうのです!

 

それがwedding baseという事業。

 

 

結婚式を挙げた事がない人でも

 

結婚式に参加した事がある人がほとんどだと思う

 

 

思い出してください。

 

そこにスタッフ側として居た人たちの事を

 

 

そのスタッフ側の人材を

 

結婚式場では勤めていない人達で

 

執り行うという事です。

 

 

けれど

 

その日に携わる人たちが全員

 

その日以外でも命をかけて

 

活躍している場があるという事なんです。

 

 

きっと

 

結婚式って夢のような日だろう

 

だからこそ

 

その日が過ぎたら会わない方が都合がいいのかもしれません。

 

 

でも

 

そこからの道を歩く二人をこれからも見続けていたい

 

というのが僕たちの理想なんです。

 

 

あの日

 

執り行ったヘアメイクも

 

特別な料理の味も

 

特別なお酒の味も

 

ドレスもスーツも

 

確かにあったものだという記憶を

 

最前線において頂きたい。

 

 

二人がすれ違い、迷いそうな時に

 

帰る道を照らすのが僕たちの役目です。

 

 

その日が一生

 

隣にあるようにサポートしたい

 

それが僕たちの企業理念です。

 

 

ここまで読んでくれた心優しき方

 

いいじゃーん♪

 

とお思いでしょう。

 

 

しかしながら

 

根本的な話ですが。

 

僕たちは素人です(笑)

 

だからこそ

 

一定の枠組みに囚われず

 

より真剣に取り組みたい。

 

 

どんな感情が生まれるのか?

 

携わるメンバー一同

 

その時、感じた想いを

 

本拠地に戻り自分たちの表現に活かす。

 

 

その表現方法が

 

今より素敵なものとして伝わる事を

 

楽しみに日常へと戻るのでしょう。

 

 

何より

 

当日の主役であるお二人を見て

 

共に涙を流してしまうであろう僕たち(笑)

 

 

その泥臭さがいいと思ったならば

 

是非、お話を伺わせてください♪

 

 

今のところ

 

リスクマネジメントと本業の兼ね合いも含め

 

メンバーそれぞれの紹介者のみで進めさせて頂いております。

 

 

その先に待つ出会った事のない感情をめがけて

 

歩を進めていきたいと思います⭐︎

 

 

※wedding baseプロジェクトでは

 

当日、最高の日に携わりたい!

 

という暇な方(笑)を募集しております♪

 

完全ボランティアスタッフとしての

 

招集となってしまいますが

 

自分を試したい!新しい事にトライしたい!

 

僕と一緒に居たい!(笑)な方

 

ご連絡ください⭐︎

 

 

 

最後になりますが、この場をお借りして。

 

 

星の王子さまに足を運んで頂いております

 

星野を担当者指名して頂いているお客様へ。

 

 

僕のわがままな好奇心で

 

ご迷惑をおかけする事が多くなると思います

 

その事を伝えた時に

 

皆さんが口を揃えて仰った言葉が今も胸の鼓動を激しくしております。

 

 

そして確信いたしました!

 

HAIR MAKE FACTORY星の王子さまは

 

やっぱり世界一の美容室だと。

 

 

もし最終的に

 

リーダーである僕が現場を離れる事が多くなっても

 

『ここに足を運び続けるから、話聞かせてね』

 

 

間違いじゃなかったんだ。

 

 

これからは胸を張って堂々と伝えていきます

 

『星の王子さまは世界一素敵なお客様に恵まれた美容室』と⭐︎

 

 

 

最後にこの場をお借りして

 

星の王子さまのメンバーへ

 

僕の夢を理解してくれ

 

変わってしまうであろうサロンワークにも

 

快く送り出してくれようとする姿勢にただただ感謝です

 

ありがとう。

 

 

今後の新しいプロジェクトを

 

共に楽しんでくれるメンバーのみんなへ

 

始まってもいねえ旅の始まりが

 

すげえ面子で楽しみしかないです

 

頼りないかもしれませんが共に行きましょう♪

 

 

そして

 

何もないところから始める苦しさより

 

その先に待つ圧倒的な希望を再発見させてくれ

 

できない事を形にする事の前に

 

あったらいいなを想像できる事の方が

 

圧倒的に人を幸せにできるって教えてくれた

 

清水明夫氏に最大のリスペクトを

 

これからもサポートお願いします。

 

そして共にピリオドの向こう側へ!!⭐︎

 

 

  • 2017.12.28 Thursday
  • 18:31