-

神戸優という人間について

5月25日の水曜日をもちまして

メンバー神戸は星の王子さまを卒業させていただく事になりました。


週に一度のメンバーとはいえ、約4年もの間

星の王子さまの一員として

そして、大きな存在として支えてくれた大切な仲間です。

代表させて頂いて

神戸と出会って頂けた全ての方へ

心より感謝申し上げます。



そしてここからは

きっと長くなってしまうけれど

約4年の月日について書き記したいと思う。




ん〜どうしよう

どこから始めよう

書いては修正して、書いては修正して

思いの丈を簡潔にまとめるのは本当に難しくて。


でも、丁寧に伝えたくて

何度も何度も思い出しては微笑んで

それが悲しくなって手が止まってしまう。


まさか、こんなにも愛おしい人になっているとは思わなかった

本当は大事に胸にしまっておきたい

とっておきの4年の歴史。


けれど、前へと歩みを進める

彼の背中を僕なりに押してあげたい。


皆さんの目にどう映っているかは分からないけど

僕が見てきた

一人の人間との確かな時間を知ってもらいたい。


一人の人間として救われた僕のように

誰かをきっと

温めてくれるだろうから。


初めて出会った時

記憶が正しければ、僕はベロベロに酔っ払って

その時その場所がどこかも思い出せないし

その時その場所で誰と一緒だったのかも思い出せない

でも、金髪のナイスガイに出会った記憶だけはしっかり残っていて

その後、素面で会った時にはすでに恋におちていたのかもしれない。


彼が美容師だと知った時には

デジャブのように今の星の王子さまを想像していた。


『いつか一緒にやろうよ』

そのいつかが、目の前に迫った時

それまでの苦労も、思い通りにいかないフラストレーションも

一気にすっ飛んだんだ。


大げさではなく

彼を仲間として迎え入れたいというサロンは

両手では足りないぐらいだったと思う

金銭的な話も、実務内容も聞かず

週に一度で良ければ

と言ってメンバー入りを告げてくれた。

今だから言えるけど、二人で飲んだあの場所で誓った未来に

こっそり涙したのです。


人にどう思われるかなんて大した事ではなくて

好きな人にどう思われるかで生きていた。


星の王子さまの店名でも伝わるかと思いますが

一定の枠組みに違和感を感じていた。


その事が自分の足を更に前へと向かわせた

優が僕を選んでくれたという事に、一つの答えがあったのだと思う。


移転するにあたり思い描く様々な世界の中心には

思い描いた人がいて

後に加入する事になる

入澤、高橋も含めた現メンバー全員の姿。


あの時思い描いた世界はとてつもなく輝かしい世界で

現実となった今も僕が生きる世界は

嘘偽りなく輝いております。


昨日の事より、明日の事より、今日の事。

今を大事にできる人だからこそ

決めた答えを受け入れ、気持ち良く送り出してあげたいと思う。


いつだって僕の背中を押してくれたのは優だったから

そして、節目の時には必ず隣に居てくれて、ちゃんと話を聞いてくれた。


個人的な話をいくつかあげると

妻との未来を歩む事になった決め手も優

『俺はいいと思うよ。好きですよ。』


母との想い出を美しいものに変えてくれたのも優

『てつさんは一人じゃないよ。俺たちがいる。』


方向性に迷って、やりたくない事をやらなければいけない時も

『やったコトない事やっていかないとつまらないっしょ。』


いつだって答えをくれたんだ。

道に迷い佇むその瞬間に一人じゃないと手を差し伸べてくれる人が

皆さんの周りには居ますか?


もう遠回りはしたくないから

好きなものは好きって面と向かって言う僕を

真っ直ぐに受け止めてくれる人と

同じ時間を過ごしたい。

それは

美容師として、お客様に接する時はもちろんのこと

仲間との時間も、友達との時間も、家族との時間も

誰かと生きる時間全ての事です。


嘘なんか必要なくて

見栄とか虚勢なんか張らなくて良くて

どうせ張るなら胸にしようと

教えてくれた大切な人です。


僕が知る限り、最も人間らしく生きる人間です。

もし、どこかに違和感を感じるとしたら

それはあなたの感性の乏しさです。

もし、優を悪く言う人がいたとしたら

悪いのはその人です。


表面的に受け入れる事しかできない人には届きません。

本気で生きる人間だからこそ

本音で話す人間だからこそ

多くの人に愛される。


そういう人を本当の意味で

『優しいひと』

というのだと思います。


その最先端で、彼にしか感じられない悩みや苦悩があって

僕なんかが、その傷をかばってやれるのかと

弱気になってしまいますが

想いはきっと届いていると思う。


一緒に居た時間に嘘はないと信じてもらえているだろうから

想いは必ず届いています。


あの時、あの場所で

存在した全てのものに感謝です。


ふざけんなクソ野郎!としかいつも思っていない

神様って奴にも感謝です。

出会わせてくれてありがとう。



ほらね。

よくわからない感じになってしまったよ

本当に難しいや

でもね、本気なんだよ。


ここで向き合っている時間の全てがあなたとの時間で

手が止まるたびに、これまでの旅を振り返ってみては

思い出したくもない、それより前の事まで思い起こさせて

悔しくて、苦しくて、悲しくて、逃げたくて

独りだ、一人で生きてんだって腐ってた自分を思い出してしまった。


でもね

そんなネガティブな過去も

あなたと出会って

幸せってヤツを

より豊かに感じさせる為の時間だったんだなと知る。


そう思える僕が、僕は好きです。

優と出逢えて、そんな自分と出逢えて、同じ時間を過ごしたこの4年間は

この先の未来を

より豊かな世界だと思わせてくれています。


新鮮だった水曜日

安心だった水曜日

暇すぎた水曜日(笑)


これからの水曜日を僕たちはどんな風に過ごすのか

それすら楽しみに思えるよ。


有難う。

愛してるよ、優。



仲間として

親友として

家族として

心から誇りに思います。


これからも、より多くの人に

幸せの意味を教えてあげてください♪


ここで改めて紹介させて頂きたいと思います。

神戸さんファンのお客様

浮気希望のお客様(笑)


星の王子さまの「神戸優」は卒業となります

けれど

一人の美容家としての「神戸優」の歩みは続いていきます。

一つの事に区切りをつけて進みだした人間の軌跡に触れてみたければ

ぜひ、こちらへ!





HAIR SALON

『CRAFT』

〒370−0042
高崎市貝沢町599−2

TEL 027−361−3535

OPEN  AM10:00〜PM 8:00

定休日 月曜日・第3日曜日


ぜひ、ここからの神戸優も宜しくお願い致します。



最後に一つだけ

星の王子さまのオーナーとして。

とは言っても

オーナーらしい事は何一つできていないし

オーナーなんて呼ばれたら、「おいっ!」て怒るし(笑)

頼りにするばかりで偉そうな事なんて言えないのですが

伝えたいと思います。



僕が生きてきたそれまでの人生の中で訪れた

最も苦しい日に

あなたが送ってくれた手紙に書いてあった言葉

今、ここで

そっくりそのまま返すよ。


「いつでもそばにいるからな」











卒業おめでとう!


そして、4年という大切な時間を
僕たちにくれたお父様と

大切なタカラモノを
この世に産んでくれたお母様へ

心からの感謝を☆



HAIRMAKEFACTORY 星の王子さま  星野哲也


 
  • 2016.05.26 Thursday
  • 18:26

Comment
Send Comment