-

ご挨拶

本日を持ちまして

 

星の王子さま第二ステージでの営業

 

丸4年が終了いたしました。

 

 

皆様に愛されて、必要とされて、笑顔を頂けて

 

そんな特別な場所で、4年の時を想う。

 

 

榊原、神戸と共にスタートした4年前の明日

 

恥ずかしい話ですが、手の震えが止まりませんでした。

 

 

想い出を綺麗なものにするつもりはありません。

 

一番最初に担当させて頂いたお客様が誰だったとか

 

一番最初に厳しいお言葉を頂いたお客様が誰だったとか

 

覚えておりません。

 

 

何かあるたびに過去を振り返って

 

いい想い出も、そうでない想い出にも

 

寄り添うような

 

そんな日々を僕たちは過ごしておりません。

 

 

いつだって、今をどれだけ懸命に生きられるかどうか

 

それしか考えておりません。

 

 

それも、美容師として

 

なんて想い出はほぼほぼ持ち合わせておりません。

 

 

自然とお店にお客様が集まってくれて

 

自然と何年もの月日が経っていて

 

節目の時に、その旅を振り返る。

 

 

それは、果たして

 

美容師としての僕たちなのか

 

人間としての僕たちなのか

 

当然、後者です。

 

 

トドのつまり

 

美容師でなくてもいいんです。

 

美容師としての僕も、経営者としての僕も

 

決して優れた人材ではありません。

 

 

美容師の価値の在り方

 

それすら疑問に思います。

 

 

たまーに

 

ごくたまーに聞かれる

 

なんで美容師になったのか?

 

という質問。

 

 

当時、カリスマ美容師が流行していて

 

キムタクがやっていたドラマがカッコよくて

 

です。

 

 

でもね、今となっては

 

始める理由なんてどうでもいい事だと思うんですよ。

 

アツい想いも、デカい理想もなくていいんですよ。

 

暑苦しく夢を語っていた人間が今は美容師ではなく

 

なんとなくその道に入った僕が16年も続けている。

 

それが現実。

 

 

頭で考えてから吐き出す答えが

 

本音だと思い込んでしまうような

 

自分に嘘をつくことさえ分からなくなってしまうなら

 

最初から、そんな思想を掲げなくていいと思うんですよ。

 

 

その代わりと言ったら何ですが

 

続けていくことには理由が必要だと思う。

 

その理由だけ、きちんと書き記したいと思います。

 

 

カッコいい言葉なんて出てこないと思います。

 

ご了承を。

 

 

なんとなくで決めた道ですが

 

僕みたいな、小心者の恥ずかしがり屋は

 

新しい環境に飛び込む事が億劫です。

 

 

携帯電話の機種が新しくなる度に

それまでの機種をまとめ買いしたくなるような

 

変わらぬものに魅力を感じます。

 

新しい世界に飛び込む事が正直面倒臭いです。

 

付け加えて、極度の気にしい。

 

これはもう病気レベルです。

 

 

焼肉とか誰かと食べに行くのが苦手です

 

BBQも苦手です。

 

あいつ俺の肉取りやがったよ

 

ずーずーしいよなぁ

 

とか思われてそうで、本当に苦手です。

 

 

それを話すと気にする事ないですよ〜

 

とか言われます。

 

いや、気になるんだって!

 

 

趣味も事あるごとに変わって

 

あれにハマってる。これが気になる。

 

会う度に変わってしまう気まぐれに

 

おいおい、こいつ大丈夫かよ。

 

ブレブレぢゃねーか?

 

とか思われるのでは?と心配になります。

 

 

そう思ってしまう人の為に

 

必死の言い訳をさせてください!!

 

趣味って人生を彩り豊かにする為の一つのツールぢゃないですか?

 

頑なにそれが好き!って堂々と言う感覚の方が実は怖い気がするんです

 

世界を狭めてしまいそうで。

 

 

過度なアピールは確かに必要ないと思う

 

だけど、僕はあなたと出逢う度に

 

新しい発見があるのです

 

その人が好きだというもの

 

それらにただ触れてみたいだけなのです。

 

僕が人生をかけて作った星の王子さまという物語を選んでくれた人だから。

 

 

趣味って括りは時に邪魔臭くて

 

追求しなくてはいけない趣味みたいに聞こえません?

 

だから、すごく偏屈ではありますが

 

僕の趣味は経験した事のない事を全て経験する!

 

という事にしました。

 

 

その分、特技は重要なのかな?と

 

もちろん仕事です。

 

特技は仕事!

 

 

一周回って、すげーカッコイイと思うのです。

 

やって当たり前?

 

そう思いますか?

 

 

しなくていいものではないけれど

 

特技だと胸を張って言える人ってどうみてもカッコイイです。

 

 

職種なんて関係ないです

 

性別なんてどうでもいいです

 

そこに上も下もないのだから

 

 

 

与えられた課題以上に成果をあげたい

 

それは技術や知識だけではないと思う。

 

 

一人の人間として、いろんな痛みを経験したからこそ

 

いろんな喜びを感じれるようになった。

 

 

沢山の人と話して、喧嘩して、好きになって、嫌われて

 

それらを引っくるめて自分が形成されていく。

 

 

その経験値が特技と言わせる所以だと思う。

 

可愛い子には旅をさせろとはよく言ったものですね

 

僕も旅人です

 

常に。

 

 

自身の体で

 

皆さんとのお話で

 

本や、映画の中で

 

常にトリップしております。

 

 

時間がない

 

余裕がない

 

それはどの立場の人間も同じです。

 

 

でも、僕はそういった時間を惜しみません。

 

それがどういった結果をもたらすのかといえば

 

世界一の美容室(自称)に居るだけで旅を楽しめる

 

体験した事のない世界を経験させてくれる

 

という事です♪

 

 

理屈ぢゃないんです。

 

誰よりもシンプルに作られてる

 

スッカスカの人間なんだと思います。

 

でもね

 

こんなスッカスカの僕にも

 

僕でないとダメだと

 

大事なものを預けてくれる人がいるんです

 

それも、意外と多くの方たちが

 

 

本当はね、いつだって自信がないんです

 

最初に書いたように

 

BBQとか焼肉とか大嫌いだし

 

高いところも二階以上でひーひー言うし

 

そういう所を見せても、逆に可愛いとか

 

天才は何かしらの欠点がありますからとか言わせちゃうし(笑)

 

ポンコツ人間だから妻以外の女性には好かれないですとか言うと

 

なぜかモテるし(母性本能的な?)

 

 

このように、生身の僕はみなさんには想像できなかったであろう

 

クソポンコツ欠陥人間高崎生まれそこそこイケメン

 

なのです(笑)

 

 

でもね!

 

(ここから巻き返します 笑)

 

右手にハサミ、あるいはハケ

 

美容師として、星の王子さまにてあなたをお迎えできる僕は

 

誰がどう見たって

 

輝いているんです!

 

店内の複数の鏡でチェックしますがどの鏡で見ても輝いています(笑)

 

 

結局の所、僕自身が一番理解しているのです

 

美容師としての僕が、一番自分らしく居られる事を

 

そして、自分自身を肯定できる環境で誰かに必要とされている

 

という事をダイレクトに感じられるのです。

 

それって、とてつもなく有難い事なのではないだろうか?

 

否!!

 

超有難い!

 

スーパーありがとう!!!

 

 

結局の所、僕は美容師でなくてもいい

 

という事は言えないのです

 

美容師である僕から始まらないと

 

ただの

 

クソポンコツ欠陥人間高崎生まれそこそこイケメン

 

な訳だから(しつこいですね笑)

 

 

というわけで

 

僕の事を好きだと言ってくれる皆さん

 

僕は現場にこだわり続けますよ。

 

 

表現方法が変わったとしても

 

カッコつけ精神は変わりません。

 

 

今の僕は美容師としての自分しか肯定できない

 

現在、僕と横並びで歩いてくれているメンバー達も

 

根本は同じだと思う。

 

 

それが、別の舞台でも輝けるという自分を見つけられたならば

 

拍手で送り出してあげようと思う。

 

 

長々と僕のネガティブ日記に付き合って頂きまして有難うございます。

 

こんな僕のブログを読んでくれているという方

 

お会いした事ない人も、人づてではありますが

 

届いております。

 

 

何か通づるものがあるとしたら

 

きっとあなたは努力してきた人だと思う。

 

 

人を知ろうとする事

 

思いに触れようとする事

 

 

それらの

 

目には見えないものを感じ取るって

 

正直、しんどいですもの。

 

 

面白い!頑張らなきゃって思った!ファンです!読者です!

 

実際にお声を掛けて頂いた

 

優しい言葉たちに何度も何度も救われました。

 

 

心から、出会えてよかった。

 

 

有難う。

 

 

愛しています。

 

 

まだまだこれからです!

 

 

やりたい事も年々増すばかり

 

少しづつですが、確実に

 

一つづつですが、真剣に

 

 

楽しいと思う事を仕事にできているうちは

 

きっとまだまだなのかもしれない。

 

 

楽しくない事を仕事にしなければいけない日が来たならば

 

潔くこのブログは終了します。

 

それまで、暇つぶし程度でお付き合いください♪

 

 

最後に、4年の月日を共に過ごした

 

メンバー、家族、仲間、関係者さま

 

何よりお客様に

 

心より感謝を込めて!

 

5年目の僕たちもどうかよろしくお願い致します☆

 

 

 

 

 

  • 2016.07.31 Sunday
  • 19:23

Comment
Send Comment