Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

5年の月日の中で

まず、読んでくれている皆様へ

 

この場を、今の心境をご報告する場として書き続けてきて

 

5年

 

星の王子さまが現所在地にて存在してから5年が経ったという事になります

 

支え続けてくれてありがとうございます。

 

 

想う事は、この先の未来。

 

 

振り返ってみると

 

僕のそれまでの美容師としての道で

 

同じ場所で5年以上という経歴はない。

 

 

きっと、その先にある物を求めての行動だったかのように思う。

 

ワガママなのかもしれないけれど

 

惰性で続けるにはあまりにも魅力的な仕事です

 

新たな刺激を求めての行動だった。

 

 

ふと考えます

 

美容師としての賞味期限を。

 

 

35歳の今

 

きっと幅広い年齢の方の目に

 

安心や信頼、または新鮮さを与えられるピークだと思う。

 

 

料理人の方や洋服屋さんの方など

 

年齢を重ねれば重ねただけの味が出るような仕事ではないと思う。

 

 

まずは見た目が100%ですよね?(笑)

 

 

巨匠みたいな存在になるには媒体が弱い

 

僕たち美容師側の目線と

 

お客様の目線が比例しなくなってきた事も事実。

 

 

一昔前の美容師という職業のブームのようなもの

 

そこから20年近く経った今

 

僕たち美容師にそれまで以上を期待するような事はないという目線。

 

 

それまでの美容室の在り方は

 

嗜好品の一部であったように思う

 

月に一度の贅沢みたいな。

 

 

 

けれど昨今のトレンドとも言える

 

価格の安さやメニューの目新しさ

 

増え続けるサロンの数

 

 

そこから作り出されてしまった価値観は

 

自分自身の美にまつわる話では無くなってしまったかのように映る。

 

 

トレンド主義なのを否定するわけではないですが

 

いいものはいい

 

その代わり

 

そうでないものも多い

 

という事です。

 

 

その中から、僕たちが素晴らしいと感じたものしか

 

提供したくない。

 

 

 

だからこそ、僕は

 

僕たち自身に付加価値を付ける事を一番に考えたのかもしれない。

 

 

けれど、言葉ではなんとでも言えるし

 

平気で脚色できる媒体が溢れ

 

僕たちの未来さえも濁し始めた。

 

 

人のせいにするわけでも

 

時代のせいにするわけでもないんです

 

それだけはどうしても理解してもらいたいんです。

 

 

どんなに美容室が増えたって

 

時代が守りに入っていたって

 

僕たちは変わらず守り続けたいという事を。

 

 

そう

 

一人の人間としてのとしてのプライドです!!

 

 

 

あの頃が良かった

 

というような過去を理想化するような事は一度もない。

 

 

いつだって、その時、その場所での僕が

 

僕は好きなんだと胸を張って言える。

 

 

自分至上、最長記録を塗り替えるのは間違いないであろう

 

現、星の王子さまで僕ができる事

 

いや、僕にしかできない事。

 

 

それを表現する事が難しくなってきたと感じる今日この頃

 

心が通じ合った仲間との現場

 

同じような未来を想い描きグラスを傾け合う友人

 

始めた時から終わる時まで変わらぬ心持ちで在り続けてくれるであろう家族

 

 

それぞれの場所で

 

それぞれのテーマで

 

本気で

 

それはもう本気で向き合う人達

 

その人達から見た僕は

 

今、どう映っているのだろう?

 

 

改めて、今年のテーマ『圧倒』が僕を煽る

 

何を持って、テーマに沿わせるのか

 

新たな事を手土産に?

 

守ってきた物をより広く?

 

 

頭で考える日々が続きます。

 

現時点で、僕が抱える問題は限りなく0に近いです。

 

メンバー3人が見事にバランスが取れていて

 

言葉にしなくても伝わる関係にただただ感謝。

 

 

でもね

 

極論を言えば、俗に言う幸せってのが怖くもあるんです。

 

幸せの形って人それぞれだけど

 

ぼくの幸せは、僕が存在する事で他人に幸せだと感じてもらえる事

 

それも、より多くの人に。

 

 

できてんのか?

 

つたわってんのか?

 

 

このブログだってそう

 

楽しみにしてくれている人もいる

 

気にしてくれる人もいる

 

アクセス数だってすげえ

 

だけど、それで測れんのか?

 

って。

 

 

目に見えないところにこだわるでお馴染み

 

僕たちですが

 

 

もっと、欲しい。

 

もっともっと欲しい。

 

足りないんだ。欲張りだからね。

 

 

みなさーん!僕が足りてますか〜?

 

(笑)

 

危ない、危ない。戻ってこれないかと思った(笑)

 

 

ここからは正常モードで。

 

オホン!

 

 

僕は、僕の頭の中で起こりうる世界より

 

もっと凄い世界が広がると思って、皆様と言葉を交わします。

 

 

何度も言いますが

 

髪を切るなんて事はオプションです。

 

 

そこは絶対的な自信があります。

 

 

星の王子さまという旅を続けて10年

 

自由に我儘に進んできた道の上で

 

僕の理想とする自分を何度もひっくり返してきた。

 

 

その度に産まれる新たな目標

 

そしてまた歩を進める。

 

 

日常なんて、なんでもない日々の繰り返し

 

でもね、その繰り返しの中で

 

その日を特別だと思ってくれる人のために

 

僕は星の王子さまという奇跡を作ったのです。

 

 

これからお店に来てみたいという方には伝わりづらいかもしれませんが

 

この場では、どちらかというと顧客の皆様に向けた気持ちを表せて頂いております。

 

 

僕たちがいるこの場所を選んでいるという事が

 

皆様にとってのプライドとなるよう

 

より洗練された心で

 

向き合わさせていただきたいと思います。

 

 

いつか、何者かになった時

 

表現が間違っていなかったと自身が持てた時

 

そこから新たな道を見つける事でしょう。

 

 

その道の上にて、更に堂々と

 

自分らしさを表現したいと思います。

 

奇跡を待はしない

 

それを起こしに行く!

 

 

どのくらい先の未来かはわからない

 

けれど、いつか必ず⭐︎

 

 

それまでは全力でいろんな事に挑戦して行きます

 

いろんな事を試してみます

 

どうか、変わらぬ愛を注いでください

 

 

丁寧に育て、根をはり、花を咲かせ

 

いつか実になった色とりどりの愛を

 

お返しさせていただきます。

 

 

病める時も健やかなる時も

 

皆様のおかげで息をしております

 

 

5年の月日の中で

 

行き交う感情の中で

 

変わらぬ一つの思いを最後の言葉として

 

 

愛しています。

 

 

 

 

 

6年目の明日からも最高の笑顔で扉を開けさせていただきます

 

これからも宜しくお願い致します⭐︎

 

 

 

  • 2017.07.31 Monday
  • 18:14

Comment
Send Comment