Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

RICOH GR2

前回の投稿で気が付いた方は(写真の綺麗さ)

 

今すぐカメラを始めた方がいいです♪

 

 

ついに。

 

ついに、カメラを買ってもらいました⭐︎

 

 

何年越しかのGR

 

覚えている人はもういないでしょう。

 

 

当店メンバーの入澤

 

彼は写真を趣味としております。

 

 

その彼の影響で、写真(カメラ)に興味を持ち始めたのが

 

およそ4年前。

 

 

『星野さんのセンスならプロ級の写真が撮れるようになりますよ』

 

という言葉にまんまとその気になった僕(笑)

 

 

でも、その前にやりたかった映像

 

 

群馬が誇る世界的アーティスト

 

『大竹夏紀』さんとのコラボレーションが決まったその日から

 

写真の事は置いておいて、動画のプロジェクトがスタートした。

 

 

そこから様々な依頼を受けて

 

県内の有名ショップ

 

『Peace tree』さんの

 

イベント

 

友人のウェディング

 

などなど。

 

 

素人同然の僕に沢山の方から依頼を受けた

 

そこで知る動画の面白さ

 

そして、物足りなさ。

 

 

結局のところ

 

数あるアートの集合体である動画は

 

その完成度の高さの基準が

 

楽しいものであるかどうかによるものが大きいという事実。

 

 

一枚の絵を見る、一枚の写真を見る

 

その時間0・1秒には勝てないと思う

 

 

だからこそ、スキルが求められるし

 

今以上の頭の柔軟さが求められると思う。

 

 

何者でもない僕が、5分の動画を目を離さず観てもらう為には

 

僕自身が何者かになる努力をしなければならないと知る。

 

 

当然の事ながら

 

単なる遊びで合計50万円を超える投資をした訳ではない

 

必ず何かに繋がる武器として

 

追い続けていくつもりです♪

 

 

例えば、動画に静止画を組み込ませる

 

現在を写したものを動画で表現して

 

過去の写真を引っ張りだして投影するというような。

 

 

うんうん、よくある演出

 

わかりやすいです

 

そう思いですか?

 

 

面倒くさい事に僕はそういった表現はしたくないのです。

 

 

あくまで、僕が思う作品の美しさ

 

その感覚によると、その演出は

 

格好悪いのです(笑)

 

 

批判ではないですからね!

 

あくまで僕は!です。

 

 

好きな映画がハリウッド超大作という方には怒られそうですが

 

僕が好きな映画はヨーロッパ映画やアジア映画です

 

余白をアートと捉える製作に美学を感じるのです。

 

 

本や写真と違い

 

脚本や演技、音楽に演出

 

全て集約されている媒体だと知っているからこそ

 

皆さん、疑いもなく起承転結を求めて画面を観るのでしょう

 

僕はそういったまとめ方が好きではないのです。

 

 

結起承転

 

みたいな天の邪鬼なのが好きなんです(笑)

 

まぁ僕自身が天の邪鬼なのでここは理解していただけるか。

 

 

疑って観たいのです(笑)

 

そのまま行くはずがないという姿勢で向き合った結果

 

僕の想像のできない世界を観たいんです。

 

 

これを映像で表現するには沢山の要素を取り入れて

 

理解して、クリエイティブにする必要がある。

 

 

その第一歩が静止画です。

 

 

上手い下手とかではなく

 

美しく感じるかどうか

 

僕が重きを置いているポイントです。

 

 

その美しさを紐解いて描き出した世界が

 

色どりに溢れているか

 

それを知るために自分でも撮ってみたいと思った。

 

 

その入り口がRICOH GRでした。

 

 

僕が感じるその人が持つ魅力

 

それがどこで養われたものなのかは分からないけれど

 

その方のセンスに僕の心が揺れたならば

 

僕にとってセンスがある人となる

 

 

その方達が使用しているカメラがほぼこの機種でした。

 

 

セカンドカメラとして使用される事が多いのは確かですが

 

コンデジと呼ばれるカメラにおいて

 

右に出るものはないと思う。(入澤談)

 

 

いくつかの理由がありますが

 

とにかく、こいつがしばらくの間は僕の相棒です。

 

 

ガンガン撮りまくって、どんどん世界が広がったら

 

星の王子さま店内にて展示いたしますので

 

楽しみに待っていてくださいね(笑)

 

 

僕は将来、自主製作で映画を作る事が決まっております。

 

 

面白いもので

 

「誰が出演するかわからないから心の準備をしておくように」

 

と沢山の人に言っていたところ

 

今となっては皆さん、カメラ目線になりません(笑)

 

 

カメラを向けられた瞬間に目を反らす事もなく

 

ないものとして、その時間が過ぎるのを楽しんでいるかのよう♪

 

 

これから僕に会う方

 

カメラを向けられても絶対にこっちを向かないでください(笑)

 

 

もし、写されたくない場合はカメラ目線でVサインを作ってください

 

絶対にシャッターを押しませんので(笑)

 

 

趣味が増えるたびに、それまで好きだった事が疎かになってしまう

 

そう思う事も少なくありません。

 

 

それを肯定するために考えた事であるのも事実です

 

が、僕たちはそこまで完璧な生き物ではないと思う

 

 

今夢中になっている事が

 

小さい箱の中にあった幾つかの物の中で

 

一番たのしそうと思っただけなのではないか?

 

 

もっともっと大きな箱の中に

 

もっともっと沢山の物が溢れていたとしたら?

 

 

チョイスする事を間違えたとしても

 

その後のチョイスに生かせればいい

 

そう思いませんか?

 

 

幅を広げる事がマイナスに向かう事なんて

 

一つもないと思う。

 

 

ので、これを読んでいる素敵な奥様

 

ご主人が欲しいと言った物をなるべく買い与えてあげてください(笑)

 

 

僕の妻もこれを読んでいる事でしょう。

 

調子がいい!なんて怒られる事も明白です

 

が、まだまだ僕を楽しんでください

 

僕がかっこいい人になる旅は

 

まだ始まってもいないから⭐︎

 

  • 2017.12.10 Sunday
  • 18:10

Comment
Send Comment