Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

デート

タイトルにドキっとしました?(笑)

 

 

した方

 

じっくり読んでいい事はないのでサラサラ行ってください(笑)

 

ただ単に

 

僕がどれだけエンターテイナーで

 

浪費家なのかという事が知れるだけです。

 

 

 

僕が好きなアーティストで高橋優という方がいます。

 

 

正直に言うとバカにしていました

 

元々、妻が大ファンという事もあり

 

いじわるしていたというのも本音ですが(笑)

 

 

 

僕の妻であろう人が、そんな日本のポップアーティストが好きだ

 

なんて言って欲しくはない。

 

などと触れもせず

 

彼女がイイと言うものを否定して

 

自分を肯定したい!

 

 

中学生みたいな自己顕示欲のもと

 

沢山のアーティストを紹介しておりました。

 

 

さすが僕が選んだ人だけはあります。

 

ほとんどが彼女のお気に入りの音楽となり

 

共に酔いしれる日々を過ごしておりました。

 

 

 

ある寒い日の突然の訃報。

 

打ち拉がれた心であっても

 

サロンのリーダーとして気丈に振舞わなくてはいけない

 

と笑顔を作っていた僕の耳に飛び込んできた

 

音楽(言葉)

 

それが、高橋優という人間の言葉でした。

 

 

誰かの曲で涙を流したのは後にも先にもこの時だけです

 

誰の言葉も

 

耳から耳へ抜けてしまう日が続いていたのに

 

彼の言葉だけは耳から心へ届くようだった。

 

 

そこから、聴き漁る日々が続いた結果

 

今では二人でライブに参加するぐらい大ファンとなったのです♪

 

 

どのジャンルで活躍する人でも

 

イイとかワルイとかの評価はつきものですよね?

 

それは

 

受け取り側のキャパシティも関係あると思うし

 

好みもあると思う。

 

 

けれど、その人が本気かどうかだけは誰でもわかる。

 

 

僕はどのジャンルに属する人にもそれだけはいつも伝えている

 

下手でも不器用でも

 

本気かどうかで判断している

 

と。

 

 

生きる事に不器用になってしまう世界が

 

広がりすぎた今だからこそ

 

 

当たり前の事を

 

素晴らしい事

 

と変換される事が多い。

 

 

 

それすら、おかしな事なのに

 

何が正しくて何が間違っているのか

 

人間関係で置き換えた時ほど難しいテーマはないですよね?

 

 

僕はパリコレのモデルさんのごとく足が長いし(笑)

 

スティーブジョブスのように時間を大切にしています。

 

 

しかしながら彼女は僕とは正反対

 

何もない時間にこそ意味を設けている人。

 

 

お付き合いを始めた時は

 

このすれ違いを埋める方法を見つけられなくて

 

戸惑っていた。

 

 

それが、人と人の違いなのか?

 

どう考えても

 

早く目的地に着いた方が利口だと思うのに

 

と。

 

 

そんなつまらない僕を

 

余裕が持てる人間に変えてくれたのが彼女です。

 

 

そして今

 

そんな余裕が持てる僕を、僕自身が愛し始めている

 

それが彼女と共にいる大きな理由。

 

 

相手が好きかどうかの前に

 

一緒にいる時間で出会った

 

僕自身が知らなかった僕に

 

出会える喜びが何より楽しみ。

 

 

 

ここで、タイトルに戻ります

 

 

最近ハマっているデートスポットをお教えします。

 

ぜひご参考に。

 

 

それは

 

 

軽井沢。。

 

 

 

ざわざわ

 

はい、聞こえてきましたよ〜(笑)

 

 

確かにゴールは軽井沢です。

 

 

でも、そこに行く「まで」がゴールだとは思いませんか?

 

遠足も帰るまでがと言うではないですか!

 

 

群馬って行くところないよね〜つまらないよね〜

 

と口にしてしまってはいませんか?

 

 

出会った頃って

 

どこにいようが何をしようが楽しかったでしょ?

 

 

それが、今は楽しくない!と言うのは自分のせいです。

 

 

イメージを膨らませる事を止めては道は拓けていきません!

 

 

「家を出る

 

知らない道を運転する

 

付き合いたての新鮮さをドライブで感じる。

 

 

田舎道を走りながら、子供の頃をイメージする

 

隣にいるこの人はどんなだっただろう?

 

自然とイメージする

 

 

大人になったその人が今は隣にいて、妻であり旦那になっている

 

その事が不思議に思える。

 

 

目的地は安中榛名駅

 

行った事ない人の方が多いでしょ?

 

 

必要がなければ行かないと言う人が

 

環境に文句を言ってはいけません。

 

 

何かを見つけながら生きていくのが人生という名の旅だと思うから。

 

軽井沢まで1300円程度の切符料金で

 

普段は乗る事のない新幹線に乗る

 

 

出発前のドキドキは旅を色濃くさせる

 

車内で写真なんかも撮っちゃう。

 

 

約10分後、見慣れた街を目にする

 

でも

 

見慣れた街の見慣れた右側に居る隣側は

 

いつもと違って素敵に見える」

 

 

 

これが僕のシナリオです(笑)

 

どうぞご参考に♪

 

 

男性の皆様

 

僕はこの作戦でカメラをゲットしました♪

 

信じるか信じないかはアナタ次第です(笑)

 

 

時間もお金も

 

今を縛り付けるための面倒なものでしかないのに

 

それに執着せざるを得ない環境で生きいるのが今の僕たちです。

 

 

正直、ひっくり返す事はできないでしょう

 

でも、そこに僅かながら隙間はあると思う

 

そこから差し込んでくる光が暖かく感じたならば

 

ぜひ、試してみてください♪

 

 

最後に、高橋優さんの

 

歌詞を記しておきます

 

「この世に産まれ落ちた意味を神に尋ねるよりも

 

 その意味を作りだしながら生きていく」

 

                           ルポルタージュより⭐︎

 

 

 

 

  • 2017.12.08 Friday
  • 18:21

Comment
Send Comment