-

メンバーについて

当店のメンバー

 

入澤、榊原

 

 

お店を通しての集合体である僕らは

 

いずれそれぞれの道を見つけ旅立っていく。

 

 

その中で、同じお店に5年もいた事がないという僕

 

それは同時に

 

同じメンバーとも5年以上を過ごした事はないという事実。

 

 

榊原はオープンスタッフのため5年4ヶ月

 

 

入澤はスタート4ヶ月後の12月に入店のため、丸5年

 

 

 

改めて、すげえな〜

 

そりゃ会話もなくなるわ(笑)

 

 

二人とは特別会話を交わしません

 

口頭での伝達事項も行いません

 

言わなくても伝わる

 

それです。

 

 

僕が何を考えているのかがわかっていなくても

 

何かをしようとしている事だけはわかってくれている

 

 

それはとてもありがたい事で

 

僕自身、自分の行動に100%の自信なんてないです。

 

 

というか、100%の自信があったらやらないと思います(笑)

 

天の邪鬼なんで♪

 

 

誰もしていない事をやる

 

それが大きなテーマを持つ人生という名の旅を

 

誰と歩くかはもっと大切で

 

そこに洋介と佐與子がいるという事は

 

これからを描くのにとても安心です。

 

 

星の王子さまが今の舞台の幕を閉じるとき

 

最後の公演に立っているのは僕ではないかもしれない。

 

 

僕が立ち上げたものだけれど

 

その舞台で

 

僕が必要でなくなったとしたら

 

僕が最初に旅立つという事もありえます。

 

 

美容師としての表現方法をやめるつもりはありませんが

 

舞台はあくまで舞台です。

 

 

この先、入澤、榊原の両メンバーが舞台を降りると言ったとき

 

僕は拍手で送り出すでしょう。

 

 

二人とも

 

僕の世界の中に生き続けるのには

 

窮屈であろう逸材。

 

 

僕が見つけたのではない

 

星の王子さまという一見変わった舞台を見つけてくれたのが彼ら

 

そこでの表現方法に

 

行き違いが生じたとしても仕方のない事。

 

 

でも、もし

 

ここに残るという事であれば

 

僕はいずれ必要なくなっていくという事。

 

 

お客様にとっての僕の前に

 

メンバーにとっての僕という方が

 

大事だと思っております。

 

 

家族を大切にできない人間が

 

他を大切にする力量なんてないと思うから。

 

 

口で言うのは簡単です

 

取り入るのも容易にできる事。

 

しかし、僕は

 

僕たちという人間を通してこの舞台で踊り続けたい。

 

 

その先に見つけた道が

 

ここであろうと

 

よそであろうと

 

全力で肯定したい。

 

そして応援したい。

 

 

5年というのは色んな意味で大きいものなのですね

 

それまでを振り返る日が

 

なんでもない日であるという事に気がついてビックリしています!

 

 

 

いや、でも

 

なんでもない日が実は大切だって言うしね♪

 

今ならよく分かる!

 

 

 

二人との残りのライフワークが明日も始まる。

 

噛みしめよう⭐︎

 

 

 

 

  • 2017.12.14 Thursday
  • 20:06

Comment
Send Comment